Book design 『狭小邸宅』こぼれ話

 

『狭小邸宅』で運よく文学賞をもらい、自分の書いた作品がはじめて活字となって雑誌に掲載されたときは、なにか誌面の文章に現実感がとぼしく、ひどく新鮮な思いがして戸惑いすらおぼえたが、その後、作品が書物の形になったときはそれと同じくらい感動したのをよくおぼえている。

 

『狭小邸宅』の単行本の企画は、雑誌とは別のベテランの編集者が担当してくださることになり、本の顔となる装丁のデザインはじめ、すべてお任せすることとなった。作家の中には、自身の意向を色濃くデザインに反映させる方もいらっしゃるようだが、素人の新人である自分が意見したところで仕事の邪魔にしからならない。

 

とはいえ、どのような装丁になるのか気がかりで、ひそかにあれこれと妄想はしていた。これは後日談になるが、集英社の新人研修では『狭小邸宅』の装丁を考えよ、というお題が出されたらしい。

 

これまで自分なりに読者としていくつもの本を眼にし、さまざまな仕事をする中でWEBデザインなどの企画を提案してもきたが、こと本の装丁となると、自分の作品に対する思い入れが強すぎるのか、ちっとも思いつかない。

 

編集者の方によれば、今回はイラストを使う方向でいくという。依頼する相手は、イラストレーターの赤津ミワコさん。ひろく活躍されている方だが、本の装丁でも、「チームバチスタ」シリーズで知られる海堂尊さんの作品のイラストも手がけられているとのことだった。『狭小邸宅』の内容が内容なだけに、一瞬、女性の作家さんでどうなのだろうと思ったものの、いくつか赤津さんのイラストを見せてもらうと、モダンなタッチでありながら力強い印象をうけ、ひと目見て無用な心配だと気づいた。洗練されていて、美しい。コンピューターグラッフィックのような作風が多かったからデジタルで描画しているのかなと思ったが、手書きだと聞いて、技術の高さに驚くと同時に好感もいだいた。

 

赤津さんの書き下ろしたイラストをもとに装丁をデザインすることになったわけだが、それを担当するのはなんと緒方修一さんだという。

 

緒方修一

 

沢木耕太郎さんの作品などですぐれた装丁をいくつも手がけられている高名な装丁家だということは知っていたから、この知らせは素直に嬉しかった。

 

ふくれあがる期待と、その期待が暴走しないよう意識的に押し下げようとするじゃっかんの不安をいだきつつ待っていると、やがて本ができあがった。それを眼にし、思わず頬がゆるみ、おお、と声がもれた。

 

作品の内容が終始暗いトーンなので、どこか自分の中でモノトーンや黒を基調としたものをイメージしていたのかもしれない。しかし、完成したものはまったくちがった。青、緑、赤と三原色を大胆に配し、中央に作品の主題である白いペンシルハウスが大きく描かれている。どことなく寂しげな表情のイラストも、それを活かす配色とデザインも見事で、作品に漂う雰囲気を的確にあらわしているように私には感じられた。

 

個人的にこの装丁をいたく気に入っていたが、それは自分だけのひとりよがりな思い込みなどではなかったらしく、その後、何人もの人から『狭小邸宅』の装丁について褒められた。ある雑誌の企画では、本の内容は一切考慮せず、装丁の気に入った一冊として糸井重里さんも取り上げてくださっていた。

 

単行本のデザインの評判がよかったせいもあるのだろう。のちに文庫化された際も同じデザインが引き継がれている。